積読の秋、10月の陣!

丸善・丸の内店に10月23日オープンした編集工学研究所の松岡正剛氏プロデュースの本のセレクトショップ「松丸本舗」にさっそく行ってきたわ。まさに「読む本棚」だったわ。松岡氏の手によって本と本の新たな繋がりで再編集された書架・書架・書架。棚一つ一つに正剛エネルギーが注入されてて その圧倒的な情報量で頭がくらくらしちゃった。むしろ、うかつに買えないw 1度行ってふーんと納得して帰ってこられるような場所じゃなかったわw

さて、そんなエイ子の10月に読んだ本と積読本を紹介するわね。先月の「積読の秋、9月の陣!」の続きから代。あの書架を見せつけられたあとじゃなんか恥ずかしいわね。

先月から読んだ本

  • 大場つぐみ・小畑健 「バクマン。」(4巻。デスノートコンビよる青春漫画家マンガ。さすが安定しておもしろいわ)
  • 小山 宙哉 「宇宙兄弟」(1~7巻。書店に第1話だけ立ち読みできる小冊子が置いてあったのがきっかけ。グイグイ読んじゃったわ)
  • マーク ピーターセン 「日本人の英語」(この本を読むとaとかTheとか冠詞が理解できるって聞いたのでトライ)
  • 指南役 「幻の1940年計画―太平洋戦争の前夜、“奇跡の都市”が誕生した」(戦前の日本って暗くて陰鬱なイメージがあるけど、決してそうじゃなかった話。オリンピックとか万博とか)
  • 佐々木敦 「ニッポンの思想」(アマゾンのおすすめ商品に何度も登場するからトライ。でもこの現代思想の話はエイ子的に10年ぐらい前で関心がとぎれてる。浅田彰とか)
  • 大橋悦夫 「成功ハックス」(「シゴタノ!」の大橋さんの本。エイ子にはあんまりピンとくるハックがなかったわ。春にも読んでたのに気づかなかったw)

今月読んだ本

今読んでる本

まだ届いていない本

今月はこんな感じかしら。系統立てて読みたいシリーズもあるんだけど、なかなかタイミングがあわなくてトライできないのよね。あと、本棚のならびも松岡正剛氏に倣ってちょっと工夫してみたいところね。

eiko001

今年も残り2カ月。年間ベストランキングも考えなくっちゃ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。