Android用IMEアプリ「Simeji」とエイ子式フリック入力の覚え方!

Androidにデフォルトでインストールされている日本語入力アプリiWnnにもだいぶ慣れてきたけど、やっぱり快適な入力環境とは言い難いのよね。普通の携帯電話の感覚でボタンを連打すると、処理が追いつかずに遅れて反応することがあるの。「え」を入力しようと思って自分では4回押したつもりなのに、表示はまだ「う」だからもう一回慌てて押したら「お」になったりするのよ。カチンとくるでしょw

そんなちょっと不便なAndroidの日本語入力環境を使いやすくしてくれる強い味方が、Android用のIMEアプリ「Simeji」よ。このアプリを使えばiPhoneでも採用されているフリック入力という入力方式がAndroidでも使えるようになるの。しかも、日本語辞書はネットワーク経由で「Social IME」を利用するから、iWnn搭載の標準辞書よりもちょっとおりこうなの。オフライン時はローカル辞書に自動で切り替える優れものよ。

simeji00

フリック入力はボタンを連打しなくても、タップしてスライドするだけで目的の文字を入力できる画期的な入力方法なの。ボタン中央と四方の計5カ所に文字が割り振られているの。1回タップすると母音「A」の文字が、タップして左にスライドすると「I」が、上にスライドすると「U」が、右にスライドすると「E」が、下にスライドすれば「O」が入る仕組みなの。いままで母音が「O」の文字を入力するには、携帯方式だと5回のクリックが必要だったけど、フリック入力なら文字をタップして下にスライドするだけでOKよ。これで劇的にクリック回数を減らすことができるわ。

そんなフリック入力とっても便利な入力方法なんだけど、やっぱり慣れるまでには時間がかかるわね。入力したい文字がボタンのどこに配置されているか、直感的で指が反応するようになるにはちょっとした訓練が必要なのよ。そこでエイ子がフリック入力の学習コストが大幅に軽減する「エイ子式のフリック入力のボタン配置の覚え方」を伝授するわ。

flick

エイ子式フリック入力のボタン配置の覚え方

  • 母音「A」は文字が出ているからそのままクリック
  • 母音「I」はカタカナ「イ」の左払いを意識
  • 母音「U」はカタカナ「ウ」のてっぺんを意識
  • 母音「E」はカタカナ「エ」の右止めを意識
  • 母音「O」はカタカナ「オ」の下ハネを意識

エイ子はこの方法でほんの数十分でフリック入力を覚えたわ。フリック入力が苦手な人は騙されたと思ってやってみてね。やってみて損はないはずよ。

“Android用IMEアプリ「Simeji」とエイ子式フリック入力の覚え方!” への12件の返信

  1. ピンバック: Twitted by fujimotta
  2. ピンバック: Twitted by rashita2
  3. ピンバック: Twitted by kawazlog
  4. ピンバック: Twitted by yuichibass
  5. ピンバック: Twitted by supportista
  6. ピンバック: Twitted by deeeki
  7. ピンバック: /ja あやつる YmrDhalmel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。