Home > ケイドウエイ子のおすすめ本 | ケイドウエイ子のつぶやき日記 > 「ヤフー・トピックスの作り方」「ヤフートピックスを狙え」を併せて読んでみた!

「ヤフー・トピックスの作り方」「ヤフートピックスを狙え」を併せて読んでみた!

食後のコーヒーブレークでヤフートピックス関連の新書を2冊読んだわ。最近この「ヤフートピックス」ってキーワードが書店に行くたびエイ子の目にやけに入るのよね。同時期に「ヤフートピックス」を扱う新書が新潮社と光文社から出るのは偶然なのか、はたまた必然なのか。気になるところだわ。

ヤッホー

1冊目は奥村倫弘「ヤフー・トピックスの作り方」(光文社新書)。この本はYahoo!Japanでトピックスの編集に携わる著者の奥村氏が新興メディアとしてのヤフートピックスを語っているわ。編集部はこんな矜恃で仕事をしてますってやつね。

2冊目は菅野夕霧 「ヤフートピックスを狙え―史上最強メディアの活用法」(新潮新書)。この本はヤフートピックスにニュースを配信する「市ケ谷経済新聞」の編集長である著者の菅野氏がヤフートピックスに掲載される記事はどんな内容かを分析したものよ。ヤフートピックスに掲載されるような話題づくりをすればおいしい思いができるかもってやつね。

ちなみに後者の 「ヤフートピックスを狙え」の前半部分は、「ヤフー・トピックスの作り方」の奥村氏への取材を元に書かれているから、内容がかぶるわ。出てくるエピソードが一緒よ。同時期に出たがばっかりにかぶったわね。

日本一のポータルサイトYahoo!Japanのトップページの一番最初に目に入る一等地にあるんだから、ヤフートピックスに影響力があるのは疑いようのない事実よね。ヤフーニュースで月間45億PV、6970万UU、秒間1700PVっていうバケモノ状態w その中でも注目度が高いヤフートピックスに取り上げられればその影響力は計り知れないわよ。そんなサイトだからこそ、編集部としての矜持も必要だし、その力を利用しようってアイデアも出てくるのよね。

ヤフートピックスの影響力については、以前このブログでも書いた中川淳一郎「ウェブはバカと暇人のもの 」でも取り上げられていたわ。あらゆるネットプロモーションのうち「ヤフートピックス」もしくはその「関連記事」に取り上げられる以上のものはないってやつね。 「ヤフートピックスを狙え―史上最強メディアの活用法」も「ウェブはバカと暇人のもの 」も「ネットでウケるネタ」について分析されてるんだけど、エイ子的には後者の方がおもしろかったわ。ちょうど1年前に出た本ってことはこのヤフートピックスプチブームの火付け役だったのかもね。

そのパワーバランスがいい方向に働くといいんだけど、大抵どこかで勘違い野郎が出てきておかしな方向に行くのよね…。「おれヤフートピックスに載ったことある自慢」とか、「ヤフートピックスに載せてあげるよ詐欺」とか、「ヤフートピックスに載るための情報商材」とか。言うアホ、売る奴、買うバカ続発の兆しね。東大生が「ヤフートピックスの編集者 になりたい」って言い出すようになったら要注意よw 崩壊の前兆に違いない。

そんな影響力が俄然注目を集めるヤフートピックスだけど、エイ子的にはlivedoorトピックスのネタのチョイスの方が好きなのよね。エイ子の心をわしづかみにするわ。ヤフートピックスがなんとなく目に入ることはあっても積極的に読みに行ったことはないかも。むしろlivedoorトピックスは暇があればチェックしてるわ。編集方針の違いもあるけど、ヤフートピックスだけをちやほやするのはどうかしらね。

気が向いたら読んでみてね。読んだからといってヤフートピックスに取り上げられるわけじゃないけど、「ヤフー・トピックスの作り方」には「関連記事」に取り上げられるヒントが書いてあるわよ。

ヤフー・トピックスの作り方 (光文社新書)
ヤフー・トピックスの作り方 (光文社新書) 奥村倫弘

おすすめ平均5つ星のうち3.0
5つ星のうち1.0それが聞きたかった
5つ星のうち5.0いい意味で裏切られます。
5つ星のうち3.0取り上げられかたが、書いてあるわけではありません

Amazonで詳しく見る by AZlink

ヤフートピックスを狙え―史上最強メディアの活用法 (新潮新書)
ヤフートピックスを狙え―史上最強メディアの活用法 (新潮新書) 菅野 夕霧

おすすめ平均5つ星のうち4.5
5つ星のうち3.0ちょっと緻密さが足りないか  -分析だけに終わっているのが残念-
5つ星のうち5.0低予算の広告にも役立ちそう。広告代理店、企業宣伝部の方にも◎。
5つ星のうち5.0キャッチコピーのノウハウ本としても使えます
5つ星のうち5.0広めたいけどカネはなし、だから知恵を使って仕掛けるんだ

Amazonで詳しく見る by AZlink

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)
ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書) 中川淳一郎

おすすめ平均5つ星のうち4.0
5つ星のうち2.0ウェブに特有の問題ではないのでは?
5つ星のうち5.0第五章ネットはあなたの人生をなにも変えない
5つ星のうち5.0企業と個人の双方のネット利用者に対して、ネットとのつきあい方を説く
5つ星のうち5.0ウェブ退化論
5つ星のうち4.0読みながら、「そう、そう、」とうなずき、笑いまくった1冊。

Amazonで詳しく見る by AZlink


Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:1

Trackback URL for this entry
http://k-do.org/archives/906/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
「ヤフー・トピックスの作り方」「ヤフートピックスを狙え」を併せて読んでみた! from K-DO!
pingback from Tweets that mention K-DO! - 「ヤフー・トピックスの作り方」「ヤフートピックスを狙え」を併せて読んでみた! -- Topsy.com 10-05-03 (月) 22:20

[…] This post was mentioned on Twitter by KEIDOU EIKO. KEIDOU EIKO said: ブログ更新した!《「ヤフー・トピックスの作り方」「ヤフートピックスを狙え」を併せて読んでみた!》 http://bit.ly/bkveTb […]

Home > ケイドウエイ子のおすすめ本 | ケイドウエイ子のつぶやき日記 > 「ヤフー・トピックスの作り方」「ヤフートピックスを狙え」を併せて読んでみた!

検索
Feeds
Meta

Return to page top