ホーム > タグ > ガジェット

ガジェット

HTC Magic (HT-03A)のキーボードに変換undoボタンがあった!

HTC Magic (HT-03A)ユーザー10日目のケイドウエイ子よ。

今日は文字入力の話。ファーストインプレッションでタッチパネル式のキーボード入力はやりにくいって書いたでしょ。で、その後携帯方式+縦使用+タッチバイブにすることで入力自体はある程度スムーズにできるようになったんだけど、ボタンのタッチミスはやっぱりゼロにはならないの。ボタンの大きさや指の加減でどうしてもずれたところを押しちゃうことがあるのよね。これはタッチパネル式キーボードの永遠の課題ね。

特に変換ボタンを押すと、キーボードの上にずらっと変換候補が出るんだけど、ボタンが小さくてついつい押し間違っちゃうのよ。せっかくいいところまで入力して、あとは単語を選ぶだけの段階になってのミスタッチはとっても痛手だったわ。でもね、今日になって初めて、単語を選択したあと、キーボード左上のボタンが「←」から「undo」になることを発見したの。

そもそもこのボタン、ケータイ式入力でボタンの押しすぎでカナが行きすぎた時に戻るためのボタンでもあるから、「undo」の働きはいつもしているんだけど、単語確定後にも1つ前の段階に戻れるとは気づかなかったわ。undoがあるって超便利よ。

これでまた、エイ子のHTC Magic (HT-03A)の文字入力のスキルがアップしたわ。

workout

ちなみにこのブログは

undoじゃなくてK-DO!なの

そこんところヨロシクね!

HTC Magic (HT-03A)でYoutube視聴!

今、HTC Magic (HT-03A)でのYoutube視聴がエイ子の中でちょいブームなの。略してちょいtubeブームよ。

PCで作業しながらYoutubeを見るのって結構不便に感じることない? 動画を見ながら作業すると、ワークスペースが狭くなっちゃうし、かといってワークスペースの方を画面いっぱいに取ると肝心の動画が見えないし、処理によっては動画が止まっちゃったりするでしょ。でも、HTC Magic (HT-03A)があれば問題解決よ(iPhoneでも問題解決なんだけどw)。たった480×320ピクセルだけど、独立した画面になると快適なYoutubeライフが送れるのよ。WiFi環境で見ている限り、動画のダウンロードや再生に特に不満を感じるところはないわ。コマ落ちもせず快適に楽しめるの。

残念な点は標準のプレーヤーではオフラインでYoutubeが視聴できないことね。GmailやGoogleカレンダーがオフラインに対応していることを考えると、ちょっと不便を感じるわ。保存して再生することは不可能ではないんだけど、Youtubeの動画をいったんmp4に変換して、それを外部ストレージに保存して…って面倒なのよね。iPhoneではこの問題を解決するアプリが開発されているみたいだから、Androidでも遅かれ早かれ出てくるでしょうね。ディベロッパーの熱意にエイ子期待しているわ。あと、端末を立てかけておく専用フォルダーがあるともっと便利なのよね。

workout

エイ子のネットライフがますます充実するわ

リアルライフについては不問よ

HTC Magic (HT-03A)でちょっと不便なこと

先週の「Google Developer Day 2009」でプレゼントされて以来、エイ子がレビューしているHTC Magic (HT-03A)なんだけど、今日はちょっと不便を感じることがあったわ。それはね、PCのブラウザなら普通に使えるAdobe Flash PlayerがAndroid携帯ではまだ使えないのよ。「Get Flash Player」をクリックして、Adobeのダウンロードサイトに行ったんだけど、対応バージョンはなし。ちょっとガッカリしたわ。

でもね、よく調べてみるとAppleのiPhoneもいまだ対応するFlash Playerがないみたいね。現在鋭意開発中みたいなんだけどFlashが使えないのは不便を感じるわね。これじゃニコニコ動画もむふぅむふぅできないじゃないの。ちなみにYoutubeに関しては専用アプリがあるから問題ないのよね。

ちなみに今、立て続けにApple関係の本を読んでいるの。「アップルとグーグル 日本に迫るネット革命の覇者」と「スティーブ・ジョブズの流儀」の2冊よ。スティーブ・ジョブズの生い立ちや奇人変人ぶりに関しては、「スティーブ・ジョブズ-偶像復活」にも詳しいわ。ジョブズ関連の書籍を読んでいっつも感じるのは、彼が生きているうちにアップルユーザーにならなくちゃっていう焦燥感ね。エイ子もiPodを持っているから広い意味ではアップルユーザーなんだけど、Macへの憧憬はWindowsを使いながら十数年間ずっと抱いているの、今度こそ新しいPCを買う時はMacにしようって。Google Developer DayでもMacBookユーザーの姿が目をひいたわ。でも、9月に新OS「Snow Leopard」が発売されるみたいだからそれまでは様子見ねw アフィリエイトでこつこつMac代を稼がなくっちゃ! それまではHTC Magicで遊ぶわ。

HTC Magic (HT-03A) 使用インプレッション続報!

Google Developer Day 2009」でゲットしたこの夏のキラーアイテムGoogleのAndroid携帯 HTC Magic (HT-03A)の使用インプレッションの続きよ。

おはゆーからメールチェックまでたった20秒

電源は切らない、いつでもPCはスタンバイ状態!の一部のギークな方は別にして、起き抜けでPCを起動して実際にソフトが立ち上がるまでけっこうな時間がかかるわよね。PCの前でじっと待ってないで、電源入れてほかのことしてればいいんだけど、そうすると自分がなにをしようと思っていたのか、さっぱり忘れちゃうのよ。でも、HTC Magicならそんな心配いらないわ。電源はいつも入っているし、ボタン1つ押せばロック解除。メールソフトの起動も一瞬よ。メールチェックが目的ならこれほど便利な端末はないわ。ここ数日はエイ子のおはゆーメール端末として絶賛稼働中よ。

文字入力は携帯方式+縦使用+タッチバイブで決まり!

キーボード操作にもだいぶ慣れてきて、文字入力も苦にならなくなってきたわ。いろいろ試してみたけど、端末を縦にして携帯電話入力モードで入力するのがエイ子的には一番タイプミスが少ないみたい。端末を横にして文字入力をすると、キーボードが細長くなって、親指で押すとミスタッチが急に増えるのよ。キーボード部分に触れた時に、軽くバイブする設定にしておくとなおいい感じよ。漢字変換も学習機能が付いているから、だんだんとエイ子の入れたい言葉が前に来るようになったわ。

ちょっとしたメモなら紙より早い(かも)

この端末には初期設定状態ではメモ帳に類するアプリケーションが入っていないの。だから、「Androidマーケット」から「AK Notepad」というアプリケーションをダウンロードしてみたわ。必要なソフトをあえて最初から入れないのはAndroidマーケットにアクセスさせるためのGoogleの戦略?なんて深読みしたくなっちゃうわね。ともかく、なんか欲しいなと思ったらAndroidマーケットをクリックすればアプリケーションを手に入れられるの。この「AK Notepad」、とってもシンプルなソフトだけど、メモを取るという目的にはピッタリのソフトよ。紙とペンを使うのと比べて、携帯端末が優れている点は、片手でメモが取れることね。書店でちょっと気になった本のタイトルをメモしたい時、重宝しているわ。携帯電話でももちろんメモを取れるんだけど、携帯電話のメモ機能ってあまりたくさん書き込めないのよね。その点、この端末ならおもいっきり書き込めるの。Gmailとの連係もできるから、メモした文章をそのままメールで送信することも可能よ。

あとは暇つぶしにゲーム

小難しいゲームはエイ子には必要ないの。ソリティアとフリーセルがあれば大抵の暇つぶしは可能だわ。もちろん、カードゲームソフトもAndroidマーケットからゲットよ。そうね、あとテトリスがあればいうことなしね…ってテトリスを探したらちゃんとあったわw Googleはそんな「あったらいいな」があるような環境を整えるためにDeveloper Dayで端末を配ったのよね。今のところ、日本語の説明書きのあるアプリケーションはAndroidマーケットの中ではほとんど見つからないわ。ディベロッパーの皆さんが鋭意開発中ってところかしらね。ユーザーが増えれば痒いところに手の届くアプリケーションがどんどん生まれていくのね。じゃあ、エイ子もなにか開発…と行きたいところだけど、果たしてできるのかしらw

workout

次回はもっといろんなアプリを試して紹介してみるわ

HTC Magic 使用インプレッション!

Google Developer Day 2009」でゲットしたこの夏のキラーアイテムGoogleのAndroid携帯 HTC Magicの使用インプレッションを書いてみるわ。

ちなみにエイ子がもらったHTC Magicはあくまでも開発用端末でモデル番号も「GDDJ-09」ってなっているの。だから6月下旬にDocomoから出るHT-03Aとは仕様が違うかも知れないけど、その点は許してね。ちなみにめんどくさいから基本的に画面キャプチャとかはなしよw 気になる人は「HTC Magic」か「HT-03A」でググってみてね。

エイ子のファーストインプレッション

エイ子のHTC Magicのファーストインプレッションは

sleep2

なにこのiPhoneもどきw

だったわ。もどきだからデザインではAppleにかなわないのね。ガジェットとしてのオーラはがっかりな感じよ。本体の大きさは高さ約113mm×幅約56mm×厚さ約14.0mm、名刺の長辺を2センチほど大きくしたサイズね。画面サイズもiPhoneと同じ480×320ピクセル。手に持った感じは重すぎず、軽すぎずしっくりきたわ。

iPhoneもどきのインターフェースw

ユーザーインターフェースはもちろんタッチパネル。iPhoneもどきだからねw センサーの感度は良好なんだけど、ちょっと触っただけですぐ手の脂がついちゃうわ。いつもふきふきしてないと、なんか気になるのよね。タッチパネルのほかに「ホームボタン」「メニューボタン」「戻るボタン」「検索ボタン」「電源ON」「電源OFF」の6つのボタンとトラックボールがついているわ。ここがiPhoneとの大きな違いね。タッチパネルだけで十分? いえ、結構このボタンよく使うのよね。

Google検索バーは必須なんです

ここからはHTC MagicというよりAndroidのGUIの説明になるわね。メインページには上段にGoogleの検索バー、下段にはアプリケーションのアイコンが並んでいるの。GoogleのOSですもの、検索バーは必須よね。デフォルトで並んでいたアイコンは「電話」「連絡先」「カレンダー」「ブラウザ」「地図」「マーケット」の6つ。「マーケット」っていうのはAndroid専用アプリをダウンロードするサイトね。もちろん自由に並び替え、入れ替えができるわ。画面を左右にドラッグすると、まっさらなページを出すこともできるの。とくに説明書を読まなくても直感的に操作できるUIよね。アイコンを長押しすると端末がブルっと振るえてアイコンをつかめるようになるの。

twitterも苦にならない

まず、一番最初に試してみたのがWebブラウザ機能よ。480×320という画面サイズだからちょっと狭いのは仕方ないけど、Webサイトをチラ見するのには十分な大きさだわ。iPhone同様、重力センサーがついているから横に傾ければ当然画面も切り替わるのよ。GDDの会場はWi-Fi通信が出来たから、みんなサイトをブラウジングして楽しんでいたわ。エイ子もtwitterに書き込みして遊んでいたの。タッチパネルキーボードでブログを書くのはちょっとしんどそうだけど、twitterでつぶやくぐらいなら全然苦にならないわ。

Wi-Fi環境で楽しみましょう

ちなみに今持ってる携帯電話のSIMカードを差せば、普通の携帯電話としても使えるんだけど、Googleの人に料金プランが適用されず、思わぬ高額な料金を請求される可能性があるよーって強く念を押されちゃったからWi-Fi環境でのみ通信しているわ。

Google携帯の本領発揮!

「Gmail」「Googleカレンダー」「Google Map」のようなGoogleのキラーコンテンツはわざわざブラウザ経由で見なくても、専用のアプリケーションがインストールされているの。しかも、「Gmail」「Googleカレンダー」はオフラインの時でも使えるようになっているの。オンラインの時にダウンロードしたメールは電波の届かない時でも閲覧できるし、オフラインの時に書いたメールを下書きに入れておけば、オンラインになったときにちゃんとサーバ上のGmailの下書きフォルダに放り込んでおいてくれるの。カレンダーも同じ。オフラインの時に書いた予定をオンライン時に同期にしてくれるわ。メーラーとスケジュラーをGoogleに依存するエイ子にとっては

workout

むふぅむふぅな機能だわ

出先でGmailがさくっと読めるのって便利よ。スケジュールもオンライン、オフラインを気にせず書き込めるっていうのがいいわよね。この機能を使ってエイ子、HTC Magicのことを見直したんだから。さすがにiPhoneだと似たようなことはできるにせよ、ここまでさくっとはできないでしょ。Google Androidならではって言いたいところよね。ちなみにGmailのメールボックスにメールが届くと、ブルッと振るえて新着メールを教えてくれる機能もあるんだけど、さすがにこれはうざったくて止めたわ。

ちょっとネットが見たい時!

あと、ちょっとネットが見たいんだけど、PCを立ち上げるまででもない時ってあるじゃない。そういう時に一瞬で起動してブラウザでネットが見られるってとっても便利よ。おはゆーのメールチェックなんかはこの端末で十分ね。

なんか物足りない…

当然、音楽プレーヤーにもカメラにもなるし、Youtubeだって見られるんだけど、やっぱり初期設定で入っているソフトだけだとちょっと物足りないのよね。使い始めてちょっと不便に感じたのはメモ帳機能が入ってないこと。あるじゃない、ちょっとだけ書き残したいことって。そんなときに活躍するのが「マーケット」よ。ここをクリックするといろんなアプリケーションをゲットできるわ。

助けてーディベロッパー

そう、ここでやっとGoogleが太っ腹でAndroid端末を配った理由が分かったの。今、アプリケーションを探しても出てくるのは国外のソフトばかり。当然よね、まだ日本じゃこの端末出回ってないんだから。そこでディベロッパーに発売前に端末を配って、思う存分遊ばせてから、自分が使いたいアプリケーションを作らせようっていう腹づもりなのね。必要は発明の母っていうじゃないw

やっぱり日本語入力は…

エイ子がこの2日使っていて、不便を感じるのは、文字入力のキーボードと日本語変換かしら。タッチパネルキーボードは小さめですぐに押し間違えちゃうし、iWnn IMEがインストールされているんだけど、いまいち変換精度がわるいのよね。携帯電話の予測変換ってすごく進化しているじゃない。あのレベルを期待するとがっかりさせられるわ。せめてATOK…ATOKが対応してくれれば…。情報入力端末としては致命的な欠陥も、ガッツにあふれるディベロッパーたちがどうにかしてくれるはずよw

〆よ

なんだかんだいってもエイ子、このAndroid端末を楽しく使わせてもらっているわ。ありがとうGoogleさん。これからも気づいた点があれば力の限りレビューしていくつもりよ。スマートフォンの便利さに覚醒しちゃったから、新しいiPhone(もしくはiTouch)が発売されたら、浮気しちゃうかも知れないけどw

niji

Androidライフをエンジョイさせてもらうわ

Home > Tags > ガジェット

検索
Feeds
Meta

Return to page top