iPhoneの文字入力が驚くほど早くなる「エイ子式フリック入力の覚え方」リターンズ!

以前、書いた「Android用IMEアプリ「Simeji」とエイ子式フリック入力の覚え方!」がうれしいことにみんなに好評で、いまだにいろんな人にTwitter上で紹介してもらっているみたい。むふぅむふぅ。なので、今回はあらためてiPhone用に「エイ子式フリック入力の覚え方」を書いて二匹目のドジョウを狙ってみるわ。

IMG_0124

フリック入力とはキーのタップ(押す)とスライド(滑らせる)を組み合わせて行う文字入力方法のこと。この入力方法を使えば日本の携帯電話式の入力方法と比べて、ボタンを押す回数が格段に少なくて済むわ。たとえば、母音が「o」の文字を入力する時、携帯式だと5回ボタンを押さなければいけなかったところが、フリック式だと1回+右スライドの2アクションでOKなの。ボタンを押す回数が劇的に減ることで、iPhoneでの文字入力が格段に楽になるはずよ。

iPhoneの日本語キーボードはデフォルトでフリック式と携帯式の両方が使えるから、特にこれといった設定は必要ないわ。使い方も簡単。ボタンをタップしてそのままにしていると、ほんの一瞬で上の画像のように十字が出てくるの。母音「a」の音を中心に、左から時計回りに「i」「u」「e」「o」が割り振られているから、あとは入力したい文字の方向に指をスライドするだけよ。タップしてそのまま指を離せば母音「a」音が、タップして左にスライドすると「i」音、上にスライドすると「u」音、右にスライドすると「e」音、下にスライドすると「o」音が入力されるわ。とってもシンプルな仕組みでしょ。

さて、問題は携帯入力に慣れたその指にフリック入力を仕込む方法よね。新しいことを身につけるには少なからず訓練が必要なの。でも、安心して。そのフリック入力の学習コストを大幅に削減するのが、この「エイ子式フリック入力の覚え方」よ。この方法は体(指先)が文字の配列を覚えるまでの間、頭でその位置を補完してあげる補助的なものなの。最終的にはエイ子式を意識しなくても、音と指の動きを無意識で結びつけられるようになるわ。

仕組みは簡単。入力したい文字の母音をカタカナでイメージして、そこから配列されている場所に指を移動させるの。とりあえず、下のイラストを見ながら説明を読んでみて。

flick

エイ子式フリック入力のボタン配置の覚え方!

  • 母音「a」は文字が出ているからそのままタップして指を離す
  • 母音「i」はカタカナ「イ」の左払いを意識して左にスライド
  • 母音「u」はカタカナ「ウ」のてっぺんを意識して上にスライド
  • 母音「e」はカタカナ「エ」の右止めを意識して右にスライド
  • 母音「o」はカタカナ「オ」の下ハネを意識して下にスライド

ダマされたと思ってちょっと試してみて。フリック入力に苦手意識を持っていた人には、特におすすめよ。このやり方で練習しているうちに、指が文字の配列を覚えてくるから数カ月もすればあなたも立派なフリック入力野郎になれるはず。ちなみにアルファベットの入力もこのフリック式でできるんだけど、それは英語キーボード方式で素直に入力した方が早かったw 向き不向きっていうのがあるからね。

ぜひiPhoneユーザーはトライしてみてね。

OpenWnnを搭載したAndroid用IMEアプリ「Simeji 3.0」が超便利!

以前このブログで書いたように、エイ子はAndroidの日本語入力アプリをデフォルトの「iWnn IME」から「Simeji」に移行したんだけど、実際使っているとむふぅむふぅなことばかりじゃなかったの。ネットワークにつながる環境だと、Simejiは「Social IME」の辞書を使うんだけど、ローカル環境では「NAIST Japanese Dictionary」に切り替わっちゃうの。このローカル辞書の変換精度が低くて苦労したのよ。例えば

eiko000

てんどん→天丼が変換できなかったのw

これじゃ、てんやで天丼も食べられないわw

Social IMEが使える状態で変換してキャッシュに残しておくか、直接辞書登録おけばいいんだけど、思いつく限り全部やるのってやっぱり面倒じゃない。せっかくフリック入力にも慣れてきたのに、ネットワークにつながらない環境じゃiWnn IMEを使わなきゃいけない残念な状態になるかと思った矢先、朗報が飛び込んできたわ。

throw Life – OpenWnnの力を借りたSimejiを公開します

ローカル辞書にOpenWnnを採用した「Simeji 3.0」がキタワァ.*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!☆ Android 1.5r3 SDKにOpenWnnが含まれたことを受けてのアップデートよ。さすがよ、仕事が早いわ。

先代のローカル辞書と比べると、OpenWnnの変換精度は雲泥の差ね。「天丼」も一発で変換できるわw iWnn IMEを使っている時は、入力のわずらわしさからその変換精度の高さには気づかなかったけど、とっても優秀な辞書よ。むしろ、Social IME機能をオフにして、OpenWnn辞書一本でもいいぐらい。ただ、固有名詞や人名でのSocial IMEの優位は揺るがないけどね。ちなみに

eiko000

「あそうたろう」って入力すると変換候補に

麻生太郎」「国賊」「ローゼン

って並ぶSocial IMEのお茶目さw

でも、「はとやま」って入れたら「日教組と共に日本をつくります」って変換候補に出るのはやりすぎじゃない。もはやネタ化してるしw そんなことされたら、いろんな人名入れてみたくなるじゃないw

そういう意味でもOpenWnnの搭載はSimejiユーザーのエイ子にとってビッグニュースだわ。むふぅむふぅ。

エイ子式フリック入力の覚え方」のおかげで、入力速度はどんどん速くなっているわ。書店での気になる本チェックもお手のもの。いまじゃ、Twitterをやる余裕だってあるんだからw そんな超便利なIME SimejiをHT-03Aを買ったGoogle携帯ユーザーのみんなはぜひ使ってみてね。

Android用IMEアプリ「Simeji」とエイ子式フリック入力の覚え方!

Androidにデフォルトでインストールされている日本語入力アプリiWnnにもだいぶ慣れてきたけど、やっぱり快適な入力環境とは言い難いのよね。普通の携帯電話の感覚でボタンを連打すると、処理が追いつかずに遅れて反応することがあるの。「え」を入力しようと思って自分では4回押したつもりなのに、表示はまだ「う」だからもう一回慌てて押したら「お」になったりするのよ。カチンとくるでしょw

そんなちょっと不便なAndroidの日本語入力環境を使いやすくしてくれる強い味方が、Android用のIMEアプリ「Simeji」よ。このアプリを使えばiPhoneでも採用されているフリック入力という入力方式がAndroidでも使えるようになるの。しかも、日本語辞書はネットワーク経由で「Social IME」を利用するから、iWnn搭載の標準辞書よりもちょっとおりこうなの。オフライン時はローカル辞書に自動で切り替える優れものよ。

simeji00

フリック入力はボタンを連打しなくても、タップしてスライドするだけで目的の文字を入力できる画期的な入力方法なの。ボタン中央と四方の計5カ所に文字が割り振られているの。1回タップすると母音「A」の文字が、タップして左にスライドすると「I」が、上にスライドすると「U」が、右にスライドすると「E」が、下にスライドすれば「O」が入る仕組みなの。いままで母音が「O」の文字を入力するには、携帯方式だと5回のクリックが必要だったけど、フリック入力なら文字をタップして下にスライドするだけでOKよ。これで劇的にクリック回数を減らすことができるわ。

そんなフリック入力とっても便利な入力方法なんだけど、やっぱり慣れるまでには時間がかかるわね。入力したい文字がボタンのどこに配置されているか、直感的で指が反応するようになるにはちょっとした訓練が必要なのよ。そこでエイ子がフリック入力の学習コストが大幅に軽減する「エイ子式のフリック入力のボタン配置の覚え方」を伝授するわ。

flick

エイ子式フリック入力のボタン配置の覚え方

  • 母音「A」は文字が出ているからそのままクリック
  • 母音「I」はカタカナ「イ」の左払いを意識
  • 母音「U」はカタカナ「ウ」のてっぺんを意識
  • 母音「E」はカタカナ「エ」の右止めを意識
  • 母音「O」はカタカナ「オ」の下ハネを意識

エイ子はこの方法でほんの数十分でフリック入力を覚えたわ。フリック入力が苦手な人は騙されたと思ってやってみてね。やってみて損はないはずよ。