エイ子と楽しむWBC 決勝 その9

4回は両チームとも無得点。岩隈は安打を許したものの、無失点で切り抜ける。

5回表、中島の安打、青木の一、二塁間を抜くライト前ヒットで無死一、三塁。

韓国先発のポン・ジュングンは球数制限に達する前に降板。韓国はマウンドに2番手チョン・ヒョンウク。

城島は空振り三振。1死一、三塁。小笠原も三振ゲッツー。

逸機

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。