エイ子と楽しむWBC IV その3

マウンドには田中将大。7回裏、先頭打者。

まさかの同点本塁打

槙原「ちょっと調子に乗りすぎましたね」

また手厳しい解説よ。ピッチャーにトコトン厳しい槙原。

ところでマーくんの出身は兵庫県。小学校時代は巨人の坂本勇人とバッテリーを組んでいたの。

だから駒大苫小牧は越境入学よ

ダルビッシュもなしえなかった、甲子園優勝旗の白河の関越えは関西人によってもたらされたのよ。

栄華を誇った駒苫も香田誉士史監督が去り、すっかり普通のチームになってしまったわ。残念ね。

鵡川じゃ…鵡川じゃ白河の関は越えられない

明日から「エイ子と楽しむセンバツ高校野球」は…絶対ない。死ぬ、マジつらい。

なんて、書いてるうちに山口→涌井と継投になっていたわ。


“エイ子と楽しむWBC IV その3” への3件の返信

  1. エイ子よ
    鵡川の
    ししゃも打線
    を甘く見るでないぞ
    そもそも、普段お前らが食べてる
    ししゃも
    はパチもんだ
    ありゃあ、
    キャペリン
    とかいう北欧あたりで獲れる
    得体の知れぬ魚よ
    鵡川名物、ホンモノのししゃもを
    食べてから
    ごたくを並べるがよい
    ふおっふおっふおっ

  2. 番長よ
    キャペリンはアイルランド硬貨になるくらい
    かの国ではメジャーなお魚じゃ
    あれはパチモンでも味がまずい訳でもないぞ
    単なる別物じゃ
    文句はあれをししゃもとして販売してる
    居酒屋にでも言いなされ
    ちなみに艦長は
    キャペリンはキャペリンでおつだと思うぞ
    ふおっふおっふおっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。