エイ子と楽しむWBC IV その4

涌井もいいピッチャーよね。

横浜高校を卒業して、西武に入った時は絶対エース松坂の存在が大きすぎて陰に隠れていたけど、松坂のレッドソックス移籍後は西武の若きエースとして大車輪の活躍。去年の日本シリーズの投球はすばらしかったわ。

今季の西武はデーブ大久保の解任が吉と出るか凶と出るか。

たかがデーブ、されどデーブよね

同点で迎えた8回表、青木、稲葉の連続安打で無死一、三塁のチャンス。ここで韓国は日本にはめっぽう強い(と言われた)グァン様を投入。しかし、打席の代打ガッツがヒット。3-2と再び勝ち越しよ。亀井がランナーを送り、1死二、三塁。そして岩村の安打で2点追加。

日本5-2

むふぅむふぅ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。